Search

...it's Christmas!!

This time of year has always been special, even as I get older, my memories come back and nostalgia overcomes me. Apart from the wrapping of presents and the tricky, methodical way of 'putting up the tree', it's always the smell of baking that takes me back to England and my mother's kitchen. From as early as November, there'll be the wonderful aroma of freshly baked mince pies.

毎年この時期になると、懐かしい思い出が蘇ってきます。プレゼントや綺麗に飾られたクリスマスツリーはもちろんですが、何よりもオーブンから漂ってくるケーキを焼く匂いは、一瞬で僕をイギリスへ、そしてミンスパイのスパイスいっぱいの香ばしい香りに包まれる母のキッチンへと連れ戻してくれます。




Lovely flakey rich pastry with a moist (dried) fruit and spice filling. These seasonal pies are a popular treat in the U.K and are so easy to make.

サクサクのパイ生地にぎっしり詰まったドライフルーツとスパイス。イギリスではみんな毎年このパイを楽しみにしています。とっても簡単に作れるんですよ!




Another seasonal cake we have is the notorious Christmas Cake... You either love it or hate it!

As a child, I wasn't so keen but as I got older its become one of my favourite cakes with a cup of tea.

もう一つ忘れてはいけないのが、この”悪名高き?”クリスマスケーキ。こればっかりは好きか嫌いかみんなとってもはっきりしています。

僕自身子供の頃はこのケーキが苦手でした。

でも今ではなくてはならない季節のケーキの一つです。



This has to be our heaviest cake due to the sheer amount of dried fruits inside. As a matter of fact, there is more fruit & nuts than cake mix. After baking, the cake is made even heavier by the many additions of rum or brandy poured on top over a months period. My Mother typically made our cake in October so it had time to mature and to be ready for the 25th.

このケーキはたぶん重量的に一番重たいケーキ。ドライフルーツの量が半端ないのです!

事実、スポンジの量よりもフルーツの量の方が断然多い!そして、焼き上がってからもさらにラム酒やブランデーを注ぎ続けるからさらに重たくなるのです。僕の母は早ければ10月には焼いて、そこから12月25日のクリスマスの日まで、ラム酒やブランデーを定期的に注ぎ続けてじっくり”熟成”させていました。




We demonstrated Mince pies & Christmas cake this month. Many students hadn't tried such cakes and were instantly hooked!! I'm looking forward to next Christmas. I wonder what we'll make the following year??

今月はミンスパイとクリスマスケーキの2つを取り上げました。生徒さんのほとんどが食べたことがない味だったので、驚きとともにこの本場の味にすっかりはまってしまっていましたよ。来年のクリスマスは何を作ろうかなあ。今から楽しみです。







23 views0 comments